かっこいい男性

自毛植毛は何歳からできるの?

薄毛で悩む方にとって、自毛植毛は最後の砦のような存在です。薄毛の悩みには年齢は関係ありませんが、自毛植毛には手術が可能な年齢制限などはあるのでしょうか。一体何歳から自毛植毛ができるのでしょうか。
自毛植毛は、自分の健康的な髪が生えている部分から毛を皮膚ごと切り取り、それを薄毛の気になる部分へと移植する植毛方法です。実際植毛というと、ある程度年齢を重ねた人が行うようなイメージもありますが、近年は薄毛の悩みも低年齢化しており、早い人では10代の頃から既に頭皮の悩みを抱えるという方も多いです。自毛植毛はドナーが自分自身なので拒絶反応も少なく、自分自身の組織なので植毛後もそこだけ不自然になるということはありません。
移植ができる頭皮や髪の状態の制限はありますが、年齢的な制限は特になく、どの年代の方でも自毛植毛を行うことは可能です。但し10代や20代となると、育毛剤など外科的な方法以外でも毛が生える可能性がゼロではありません。薄毛の原因が他にある可能性もあります。
また一時的に薄毛を改善できたとしてもまだ頭皮の状態も発展途上の段階でもあるので、自毛植毛を行った箇所の周りでさらに薄毛が進行をすると不自然な仕上がりになり、再度自毛植毛を行わなくてはなりません。医師とのカウンセリングをしっかりと行い、自毛植毛をするタイミングをしっかりと見極めましょう。

成長も衰えも可能な自毛植毛

薄毛は多くの方の悩みや不満の素になってしまいます。薄毛である事で、人からの注目も高くなってしまったり、実年齢よりも老けて観られる頻度も高くなってしまう為、男女問わず申告な問題となってしまいます。そんな薄毛改善には多くの方法が存在しています。頭皮マッサージや育毛・増毛剤の使用、さらには簡単に着用出来るカツラもありますが、確実に増毛が可能となっている植毛も人気の方法となっています。
中でも自分の毛髪が使用される「自毛植毛」が高い人気となっているのです。それは成長も衰えも可能となっている事です。多くの植毛では合繊いにて作られた人工毛が使用されます。この毛髪は植毛しても伸びる事もなければ、白髪になる事もありません。
その為、植毛後その長さを維持する事になります。しかも、他の髪が抜けてしまってもすっとその状態とままとなってしまい不自然な頭皮になってしまいます。しかし自毛植毛で植毛された毛髪は成長し伸びる事も可能となっていますが、加齢によって衰える事も出来るのです。
その為、年齢に伴った毛髪の状態を維持出来るとあり不自然さにならない頭皮を維持する事が可能となっているのです。毛髪はずっと残っていれば尚良い事ですが、年齢を重ねて他の毛髪が抜けてしまった時にも適応出来る頭皮が自然さを感じる事が出来、多くの方に人気となっているのです。

自毛植毛を失敗しないためのポイントとは

カツラなどと違ってメンテナンスの手間がかからない事が自毛植毛の魅力になりますが、この自毛植毛は失敗した時のリスクが非常に大きく手間がかからないと言う魅力と天秤にかけた時にはリスクの方が大きくなるとされています。
なので、自毛植毛を行う際にはそのリスクをできる限り抑えることが重要になりますのでクリニック選びは慎重に慎重を重ねる必要があります。と言うのもクリニックによって定着率に違いが出ることがありますので、定着率を高める事は失敗の可能性の減少とイコールになりリスクを小さくする事に繋がっています。
そしてそのクリニックの選び方についてですが、こちらは実際に行った施術件数の多さが最初のポイントになります。これは通常の手術などもそうなのですが、実際に行った施術件数が多くなればなるほどノウハウなどが蓄積されていきます。そうなると不測の事態にも対応できるようになりますので、何らかのトラブルが発生した場合でも適切な処置が可能になります。
次に、施術のスピードも重要になっています。そもそも自毛植毛は定着率が高いとという特徴がありますが、それは通常の施術時間に限った話になります。したがって手際が悪い担当医の場合時間がかかりすぎてしまい定着率が大幅に減少する事があります。なお、この場合も施術件数の多い所は施術スピードも速い傾向が見られるようになっています。